CATEGORY Milk ring

母エロ漫画 コスプレ人妻と映画館に行った話

■夜の映画館で行われる、禁断の人妻のコスプレ露出■

町内の清掃活動に初めて参加した、
性欲を持て余す独身サラリーマンの土井は、
そこで豊満な身体を持つ人妻、橘理代子に出会う。

ひょんなことから同じソーシャルゲームをプレイしていたとがわかり
初対面ながら盛り上がる二人。
その流れで土井は、ソーシャルゲームを
モチーフとした映画に理代子を映画に誘う。

そして土井は、ゲームへの課金の肩代わりを交換条件に
理代子にとある条件を出す。
それは、映画に登場するキャラクターのコスプレをして、
映画館に足を運ぶことであった。

はじめての露出コスプレに戸惑いながら
同時に身体の疼きを感じてしまう理代子。
誰かに見つかるかもしれないというスリルと
夫の知らぬところで身体を晒す背徳感は、
徐々に理代子の身体を熱く昂らせていく…。

■登場人物■

・土井銀造(主人公)
30代後半。中堅商社に勤めておりで趣味はアニメ、ゲーム、コスプレ撮影。
彼女は今までいたことがないが、コスプレイベントや撮影会で仲良くなった
コスプレイヤー数人を(金で)セフレにしていた過去を持つ。

・橘理代子(ヒロイン)
年齢:33歳 身長:168cm 体重:88kg
B.105(J-CUP) W.97 H.106

専業主婦で二児の母。
穏やかな性格だが、「ま〇ろ物産が服を着て歩いている」と
近所で称されるほどに豊満な身体付きを持つ。
夫婦生活はここ数年皆無で、熟れた身体を持て余している。

体毛は濃いめで、結婚後は1度も処理したことがない。

※注意※
本作品には剛毛表現がございます。
ヒロインには陰毛、腋毛などが描かれております。

人妻との性交渉において、軽い寝取り要素があります。
ヒロインは『F○te/GO』に登場するアルト〇ア・ペンドラゴンの
コスプレをしておりますが、『F○te/GO』に関する
パロディ要素などはございません。
あくまでもコスプレのモチーフとして使用しております。

■作品データ■
基本CG 18枚(差分あり)
本編 128枚

画像形式:jpg
テキスト無し画像も収録