CATEGORY 阿武隈堂

母エロ漫画 勇者、改め、精子タンク

◇辺境の森の中、魔物に襲われたあなたは命からがら逃げきるものの
古びた教会でついに力尽きてしまった……
と思ったら優しいシスターに手当をしてもらい九死に一生を得る。
あなたを勇者と知るシスターは、目覚めたあなたをなかば強引に組み伏せ
精液を搾り取る。シスターの目的は何なのか、あなたは知る由もなく
いつしかシスターを「ママ」と慕い、甘え、ただ精を捧げるだけの存在になる……

基本CG4種 内、射精を含むCG3種(全37枚)

母エロ漫画 アルラウネの搾精

森の中にはどんな病気も治すという薬草がある…
そんな美味しい話があるはずもなく、森にいたのは
搾精モンスターの「アルラウネ」。
なすすべもなく搾り取られ、餌になってしまうマンガです。

表紙1ページ、本編18ページのモノクロマンガです。

母エロ漫画 サキュバスお姉さんに気に入られてらぶらぶマゾ煽りで子作りザーメンタンクにされちゃう話

森の館に住むサキュバスさんは汚らしいおっさんしか食べておらず
満たされない日々を送っていた……そんな中、森へと入ってきた
小柄なあなたを見付けてしまい……

ただの人間が魔物とまともに戦えるわけもなく、なすすべもなく
捕まったあなたはサキュバスの苛烈な搾精を受け、無様に精を
吐き散らす。

そんなあなたの痴態を見て、サキュバスさんはどうやら
お気に召したご様子のようで……

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
基本CG4種・本編39ページのフルカラーCG集です。
文字無しver.も同梱しています。

母エロ漫画 爆乳牛娘牧場で種牛として働くことになりました

この牧場では種付士と呼ばれる専門の資格を持つ男性が
世間ではまずお目にかかることができない程の巨乳を持つ牛娘に
中出し種付け交尾を行い、母乳を生産させています。

的確に受精をさせる種付士は牛娘から非常に慕われており
牛娘は気に入った種付士に自分を「ママ」と呼ばせ
甘やかすことを楽しみとしております。

そんな甘い日常を送る種付士の仕事風景の一部を
今回は御覧いただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
基本CG4種・本編45ページのフルカラーCG集です。
文字無しver.も同梱しています。

母エロ漫画 爆乳牛娘牧場で種牛として働くことになりました2

爆乳牛娘牧場では種付士と呼ばれる専門の資格を持った男性が
抱えきれないほどの巨乳を持つ牛娘に日々
中出し種付け交尾を行い、母乳を生産させています。

今回は二人の牛娘(ママ)に甘えて種付けを行います。
片方のママの母乳を吸いながら片方のママに種付けをしたり
牛娘のむちむちとした身体で挟まれ極上の肉布団に包まれ
孕ませおもらしを出し種付けをします。

甘い日常を送る種付士の仕事風景の一部をぜひご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
基本CG3種・本編33ページのフルカラーCG集です。
文字無しver.も同梱しています。

(前作よりボリュームが少なくなってしまい
誠に申し訳ございません。
差分の数などご了承の上ご購入ください。)

母エロ漫画 シスターエルフの孕ませ楽園教会

魔王討伐の旅の途中、勇者であるあなたはふらっと辺鄙な教会に立ち寄り
そこで一人のシスターエルフと出会う。
初対面にも係わらずいきなりあなたを誘惑するこのシスターは
サキュバスよりも恐ろしい性欲の化身であった。

魔王を倒すという使命、故郷を救うという誓い、そして苦難の日々…
そんな大切な記憶は全て無造作にシスターエルフのおまんこに搾り取られ
あなたは只々シスターから快楽を浴びせ続けられるオスに作り変えられる。

この教会の中でひたすら繁殖交尾を行い、都合の良いメスを創り続ける
シスターエルフ楽園の主「救世主」となり、哀れで幸せな種馬として
生まれ変わって、あなたはその冒険に幕を下ろしてしまうのでした…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
基本CG6種・本編74ページのフルカラーCG集です。
文字無しver.も同梱しています。

母エロ漫画 爆乳牛娘牧場で種牛として働くことになりました3

牛娘牧場で中出し交尾を行い、牛娘を増やす仕事をしている種付士。
今日も大きな長い乳房から母乳を吸いつつ孕ませ腰へこ種付け。

牛娘との体格差ゆえに身動きの取れない一方的な交尾となることも多く、
巨大な胸に閉じ込められての手コキ・のしかかられてのピストン中出しなど
牛娘ちゃん優位のプレイが行われます。

甘やかされつつも射精の主導権はしっかりと牛娘ちゃんに握られる
幸せな性活の様子をお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
基本CG4種・本編36ページのフルカラーCG集です。
文字無しver.も同梱しています。