CATEGORY 精神凌●

母エロ漫画 淫魔の血を引く僕を興味本位で誘惑してきた妹にキスしたら眷属になった話

自分の血統について知ってはいたもののそれまでまったく無自覚だった主人公は、ある時ふとしたきっかけで、父親から受け継いだ淫魔の血に目覚める。
文字数は約16,000文字。

「お前は淫魔の血を引いている」
「知ってるよ」
長期休暇で久しぶりに帰ってきた父の言葉に、僕は何を今さらというように肩をすくめた。
そんなことは、目の前の父親の姿を見てれば嫌でもわかる。
「お前も大きくなった。もう間もなく、否応なしに知ることになるだろう。自分が何者かをな」
「何だよ。僕が淫魔の性に目覚めて、父さんみたいに女を虜にして侍らせるようになるとでも言うのかい?」
僕の母親も、そんな女の一人なのだ。
普段は僕や妹の面倒をよく見てくれる優しい母だが、父が目の前にいるときは別だ。
完全に父のことしか目に入らない様子で、べったりとくっついていて、父からそうするように言われない限りは僕らの方には見向きもしない。
父と同じで異様に若いのは、淫魔の精をその胎に受けて、魔の眷属になったからだと聞いている。
「どう生きるかは、お前次第だ。ただ、己の血からは逃れられんよ」
父はそれだけを言うと、踵を返して部屋を出て行った。



「ねえ、兄貴」
妹が後ろ手に扉を閉めて、近づいてくる。
「ん?」
「えへへ、あのさあ……」
彼女は少し恥ずかしそうな顔をしながら、僕の隣まで来ると腰かけた。
「キス、したいんだけど」
「……へっ?」
唐突なお願いに、僕は目を瞬かせた。
「い、いや。急に何言ってんだ」
「だってさ。あたしたちって、兄妹じゃない?」
「……わけがわからん。兄妹は、普通はキスしないだろ」
「でも、お父さんたちはよくやってるよ?」
「何言ってるんだ。父さんと母さんとは夫婦じゃないか」
僕は困惑しながらそう言ったが、愛彩は小さく首を傾げると、くすりと笑った。
「兄貴は知らないの? お母さんが、元々はお父さんの、双子のお姉さんだったんだってこと」

紹介メイン画像およびサムネイル画像に、AI生成画像の加工品を使用しています。
作品ファイルには、AI画像は含まれていません。

母エロ漫画 ナノマシン被験体01:実験助手・奏美 report2

人間を内部から改造し、思うままに造り替えられる画期的なナノマシンを開発したマッドサイエンティストが、生体ロボット化した自分の実験助手を完全に堕とし、彼女の家族から切り離して正式な自分の所有物にしてしまう話。
文字数は約21,000文字。

「おやおや、今日はずいぶんと素敵な格好をしているね?」
「え、そうですか? ありがとうございます」
奏美は、いつもと何か違うかなと、少し不思議そうにしながらも、にっこりと微笑んでみせる。
「局所がくっきりと浮き出て見えるよ。なぜ、下着をつけてこなかったんだね?」
「なぜって……」
奏美は困惑したように、小さく首を傾げた。
「……別に、つける必要がないと思ったからです。だって、服があるから、外から直接見えるわけでもないし……」



「君はもう、指一本さえ私の許可なしでは動かせん。逆に、私が指示を送りさえすれば、自害でも殺●でも、どんなことでもするのだよ」
「は、はい……!」
奏美の顔に、はっきりとした喜悦の色が浮かぶ。
「嬉しいです……。そんなふうになれるなんて……。もっと、もっとお願いします……。なんでも言うことを聞きますから……!」
彼女は昂奮に息を荒くして、そう懇願した。



「お父さん、お母さん……。私のこと、好きよね? 私の夢、応援してくれるよね?」
ぼんやりとした目つきのまま、両親がこくりと首を振る。
「じゃあ、一緒に先生のものになろうね」
優しく微笑むと、奏美はスイッチを押し込んだ。

紹介メイン画像およびサムネイル画像に、AI生成画像の加工品を使用しています。
作品ファイルには、AI画像は含まれていません。