CATEGORY 玉屋劇場

母エロ漫画 継母は教え子。

<プレイ内容>

・父親と千織の淡白セックス覗き
・千織風呂オナ
・風呂で前戯
(手マン・クンニ)
・バックで暴発中出し
・後ろから乳もみ
・手コキ→フェラ
・手マン
・開脚→クンニ&手マン
・その流れで挿入→中出し
・リビングで立ちバック、立位
・父親と会話途中に手マン
・寝室にてベロチュー→バック中出し
・寝ているところに夜●い、いたずら
・父親寝ている横で側位ハメ→松葉崩し
→中出し
・トイレで変形座位
・リビングソファで正常位
・主人公部屋でクンニ→I字バランスセックス
・ベッドで座位
・正常位→種付けセックス

ある日主人公の父親が、新しい母さんだよと言って
一人の女性を連れてきた。
それは、数年前主人公が教鞭をとっていた学校の教え子だった。

「先生。わたしが先生のあたらしいお母さんです。」

そういって、教え子母さんとの生活が始まった主人公。
夜の生活音が丸聞こえだけにとどまらず、
すけべな格好で家事をこなす教え子母さん。
そんな格好を見せつけられてムラムラしているところで
父親が不在の夜。

そこから始まった主人公と教え子母さんの秘密の関係。

血のつながりはないとはいえ
倫理的に禁断の関係。

しかし、その禁断の関係であるがゆえに
主人公のみならず
教え子母さんも燃え上がっていく…。

〇岩滝千織
天然なところのある女子大生。
若い女性が気にするようなことに無頓着。
千織自身の両親は数年前に二人とも他界。
祖父母に育てられていたのだが、
祖父母も相次いで他界。
そのような境遇であったのだが、
主人公の父親と祖父母が旧知の仲であり
その縁で、千織の保護者として面倒を見ていた。
祖父母が他界した時には、一人で自身のことは
できたので、祖父母の家で一人で生活をしていた。
そこに主人公父が様子を見に行っていたようだ。
そんな感じで徐々に親密になり、男と女の関係になったようである。

基本CG枚数 : 39枚
本編CG枚数 : 259枚

※PDFも同梱しております。

作者:玉屋キネマ