CATEGORY 海鳥プロジェクト

母エロ漫画 断髪悲譚

【作品内容】

表紙を含む16ページの作品です。
作品の7割は断髪シーンや断髪にまつわる内容となっております。

母親の断髪に始まり何度も髪を短くさせられる娘、そして男に襲われ髪を切られるシーンやその娘も泣く泣く髪を短くされる内容となっております。

【ストーリー】

私がまだ〇さいころ、近所でも美人で有名だった母が突然キレイな長い黒髪をバッサリ切り、ビックリするほどのベリーショートにしたことから私の髪にまつわる物語は始まった。

何故かわからないが、その頃から母はいつも苛立ったような様子で、その苛立ちの矛先は私の長い髪に向けられているようだった。

ことあるごとに『髪が長いとプールに邪魔だわ』とか『髪が長いせいで朝の支度が大変だわ』と、何かにつけて私の長い髪を邪険に扱うようになり、とうとう『髪は短い方が良いから』と言い、私の手をつかみ床屋に連れて来られてしまった。

床屋の鏡の前に座らされ、私は『やだ!髪を切りたくない!!』と泣いて叫んだが、母は私を鏡越しに私を睨みつけ、仕方なく私は大人しくおでこ丸出しのアゴくらいの短いおかっぱ頭にされてしまった。

その翌日、友達みんなにすごく馬鹿にされた記憶は今でもハッキリ覚えていた。

その後も、私が髪を伸ばしたがると母は苛立ちことあるごとに床屋に連れていかれ、耳が丸出しの恥ずかしいおかっぱ頭にされてしまっていた。

少し大きくなり周りの友達もオシャレをしだし、私も髪を少し伸ばし始めていたころだった。

休みの日に友達3人でお買い物に行こうということになり、朝からおめかしをして鏡を見ていたらそこに母が現れ『子〇が色気づくのはまだ早いわ』と呟き、また私はいつもの床屋に連れて来られてしまった。

『しばらく色気づかないように、この子の髪をスポーツ刈りにしてちょうだい』そう言うと母は暗い顔をしてずっと窓の外を眺めていた。

鏡越しに見える母の憂鬱そうな顏を見ると、何も言い返すことが出来ず静かに涙を流しながらスポーツ刈りにされる自分の姿をじっと見つめていた。

オシャレとは無縁になった頭を見て、それから私はバスケットを始めてオシャレとは無縁な生き方を選ぶようになっていった。

そんな私の姿を何となく母も喜んでくれているようで、私のバスケットへ向ける想いは次第に大きくなっていった。

しかし、思春期の乙女には流石にスポーツ刈りは耐えがたく普通のショートカットでバスケットをやっていたが、卒業近くにはまた髪を伸ばし始め、オシャレなボブヘヤーにまで髪は伸びて来ていた。

そんな私をまた母は憂鬱そうな目で見始めていることに気が付き、私はなるべく帽子を被って髪を帽子の中に収めてボーイッシュなカッコで出掛けるようにしていた。

そんなある日、母が突然『さぁ、卒業式も近いからそろそろ髪をサッパリさせましょう』と言い出したのだ。

私は『嫌よ!絶対に髪は切りたくない!』と反抗したが、母は怒りとも悲しみともつかないような目をして、じっと私の目を静かに見つめ返すだけだった。

そんな母の目に耐え切れず、私はいつもの床屋にひとりで向かい『バッサリとショートカットにしてください』と絞り出すように呟くような声で店主に伝えた。

耳が丸出しの男の子のような頭になった私を見て母はどことなく安堵の表情を浮かべたのを今でも覚えている。

その後も母の目が気になり、髪を伸ばすこともなく短いショートカットで過ごしていたが、大人になり家を出て一人暮らしをするようになった私は次第に髪を伸ばし始めた。

私はついに母の目からも卒業することが出来たのだ。

その反動か、二十歳になるころには私の髪は腰まで届くほどになり、まわりの友達からも羨ましがられるほどの艶々の黒髪になっていた。

私の艶やかな黒髪に惹かれてか、見知らぬ男に跡をつけられたりストーカーのようなことを繰り返されることが頻繁に起き、それは一人や二人ではなく数人はいるようだった。

SNSでも『黒髪がキレイですね』とか『その艶やかな髪に埋もれたい』などと、見ず知らずの男からの気持ちの悪い書き込みも次第に増えて来ていた。

そんな中ある事件が起こってしまった。

そんな私もいつしか結婚をして、笑顔の可愛い娘をひとり授かっていた。

35歳になった私は育児にも追われ、髪にもさほど気を使わなくなり、髪は伸ばしていたというよりは何となく美容院にも行く時間が無く、ただ背中まで伸びていた。

そんな私を見て娘もいつしか髪をキレイに伸ばしていた。

娘の迎えまでまだ時間があるから、家でゆっくり過ごしている時だった。

ドアのチャイムが鳴り宅配便の服を着た男性が立っていたので、ドアを開け荷物を受け取ろうとした時だった。

男は突然ハンカチのような布を私の口に押し当ててきて、私はそのまま意識を失くしてしまった。

私は意識のないうちに、男に髪をハサミでザックリ切られ、そして私は犯●れ男の白い体液が私の体と床に散乱した髪に飛び散っていた。

三時間くらいたって意識が戻ってきたときには、私は玄関で裸のまま倒れていて、私の周りには私の切られた髪が辺り一面に散乱していた。

男にされたことよりも、男の残したSNSの言葉の方が心に引っ掛かり、シャワーを浴びて服を整え急いで美容院へ向かった。

美容院で髪をベリーショートにした私は急いで娘を迎えに行き、その足で近所の床屋に娘を連れて行った。

不安気な娘を横目に『娘の髪をバッサリと男の子のように短く切ってください』そう店主に告げると、娘は大泣きをして嫌がったが床屋の店主は容赦なく娘の髪を短く切ってくれた。

サッパリした娘の頭を見ながら、30年前の母のことを想い出した。

母はただ苛立っていたのではなく娘に対する不安と動揺、そして娘に状況を説明することが出来ない苛立ちによるものだったのだと気づかされた。

母の我が子を想う気持ちが30年という長い年月を経て伝わってきて、私は目頭から涙が溢れ出し、髪を短く切られ不機嫌そうに泣く娘を強くギュッと抱きしめた。

エンド

母エロ漫画 亡国の姫君と髪狩人たち

【亡国の姫君と髪狩人たち】

この作品は、以前他のサイトで販売していた物のリメークバージョンです。

【登場人物】
亡国の姫君 カヤ(22歳)
腰まで届く黒いロングヘアの持ち主。

父と母と弟の四人家族で地方の公国の領主家の姫として天真爛漫に育つ。
しかし、兼ねてより暴君で領地拡大を目論む近隣の大国に、突如城が襲われて家族は命からがら城を脱出した。
その際、家族と離れ離れになってしまい、約束地に決めていた小さな村を目指す。

【ストーリー】

敵国に攻め込まれ城を追われて森を彷徨いながら逃亡する姫君。

家族や従者とはぐれ落合場所と決めていたある村まであと少しの所まで来た姫君カ
ヤだが、森の茂みの奥から一本の矢が飛んできた。

そして、茂みの奥からは三人の狩人らしき男性たち。

親しげに話しかけてくる男性たちに、一瞬心を許しかけるカヤだが、安心もつかの間。

急にカヤの顔を引き寄せカヤの服を刀で切り、あまりの衝撃的な出来事にカヤはショックで気を失ってしまう。

そんなこともお構いなしに、三人の狩人は次々にカヤを力づくで犯し次第にカヤの髪を切り始めた。

咄嗟のことで一瞬何が起こったのか理解できないカヤだったが、どんどん短く切られていく髪を見て悲鳴を上げる。

悲鳴を上げたところで髪を切るのと犯し続けるのをやめようとしない狩人。

そう、彼らの狙いは姫君の身体とその黒い長い髪を切り刻むことが目的だったのだ。

容赦のない髪狩人たちの仕打ちに、カヤはなすすべもなくただただ髪も身体も全てを奪われてしまう。

これ以上切る髪も無くなったころ、髪狩人たちは森の茂みの奥深くにカヤを残し去っていくのだった。

END

本編12ページ
残りは、これまでの作品のハイライトシーンをまとめたページになります。