CATEGORY ピエトロ

母エロ漫画 キュートな叔母さんと内緒で中出しエッチしちゃいました

年頃の男子が叔母の事が好き過ぎて猛烈に情熱をぶつけらそのままエロい展開になり結果エッチしてしまうお話です

■あらすじ

あわただしく親戚一同集まり実家の掃除をしているその日に
心ときめく男子が一人いた、、、

名は『ユウマ』。

緊張しながらもドキドキと胸を高鳴らせている理由はただひとつ

叔母の『マリナ』であった

マリナおばさんと荷物運びをしているその間に
彼は以前から意中であるマリナおばさんへ
告白をするつもりだったからだ

そう

この日こそユウマの記念の日であった

昔からマリナおばさんの事が大好きだった
それは親戚としてではなく
真に異性として
そして女性として、、、

ずっとずっと好きでタマらなかった
脳内でマリナおばさんをモノにしたくて
オナニーの日々を送っていた
そして好奇心の爆発を抑えられず
告白をするという決意に出る日だった

『いろいろありがとうねー』

『はっはい…』

そしてユウマは二人きりになる機会を狙って
マリナおばさんへ胸の内を思い切って打ち明けた!

『突然そんな事言われても…』

『…おっ!おばさんっ!』

『ッ!!ちょっと…!ユウマくん待ってっ!』

ユウマはその性欲の暴発が起き
マリナおばさんの口へベロキスを放った!

童貞であるユウマにとってそれは捨て身の行動だったが
したこともないベロチュウもヨダレと唇をベチョベチョと
全力で舐めまわしたのだ

あまりに攻撃的なユウマのベロキスに
躊躇するマリナおばさんだったが
想いを真っすぐにぶつけ迫るユウマの圧力に
負けてしまった、、、

『分かったけど…最後まではしないからね…』

とすべてを悟ったマリナおばさんは
かろやかに色っぽく服をぬぎ
ブラジャーを外し
スルっとしなやかにパンツを脱いだ…

ユウマは目の前に広がる
マリナおばさんの豊満なエロい体を生で目に焼き付かれ
興奮が一気に昇った!勃起した!

『んなああああッ!』

即座にマリナおばさんは
ユウマの反り起ったチ○ポにむしゃぶりついた
待ちに待ったマリナおばさんのフェラだ!

童貞のユウマは初めて味わうフェラに
脳天直撃の快感が走った!
最高だった

そしてマリナおばさんのエロスは続いた
パイズリをむにむにと展開したのだった

ユウマは立て続けに行われるマリナおばさんの
エロスに歓喜歓喜歓喜した!

そして童貞の好奇心と発情が溢れだし
ユウマはマリナおばさんのオ○ンコへ
チ○ポをズブブとねじりこませた!

『んあああッ!おばさんスゴイよっああああッ!』

『ちょっと待ってユウマくん!ゴムなしじゃ大変』

『デキちゃったらヤバイわっ!』

生でズボズボ
そしてマリナおばさんは騎乗位や
バックや正常位でウブなユウマのチ○ポを
刺激させ体位をエスカレートさせ
ユウマをオトナのエッチの世界へ誘う…

ユウマは初めてのセックスに
そして初めてのオ○ンコに
一瞬にしてイキそうになるっ!

『おばさん!ダメでるっ!!』

『中はダメよっ!』

それは間に合わなかった
ユウマはありったけの
大量の熱くたぎる精子を
マリナおばさんの膣内へ発射した

ハァ

ハァ…ハァ

『ダメじゃない中に出すなんて…』

ユウマは童貞を捨てた
あこがれのマリナおばさんで
それも中出しまで、、、

しかしそれはこれで終わらなかった

二人はその後も会い―
ひっそりとパコパコとやりあっているのだ

マリナおばさんもまた
旦那と冷え切った生活の中にあり
長くセックスレスだった、、、

そこへユウマの想いに応えてく中で
あろう事か欲情していったのだ
背徳のセックスだった…

いつかはマリナと一緒になりたいユウマ、、、
ヤってはいけないセックスにハマるマリナおばさん、、、

複雑な思いの二人の
込み合ったセックスは止まらない…

そして今日も
二人はひそかに落ち合い

ユウマとマリナおばさんの
若いチ○ポと熟れたオ○ンコの
ピストンが激しくなり
肉が打ち付け合い
エロい愛液がほとばしり

興奮が昇天し
二人は抜け出ることのない
快楽の沼へと深くハマっていく―。

基本20p、差分総数60p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

母エロ漫画 ギャルママの母さんと生ハメ個人レッスン

マザコン男子が巨乳でエロいギャルママと日常的にエッチをするお話です

■あらすじ

地味で控え目な男子『コウタ』はムラムラしていた…

それには理由がある、、

なんとコウタは母親のことが大好きなのだ!

母親は巨乳でいつもはだけた服を着てエロス全開だった

そして浅黒くビキニ日焼けがチャームポイントで
気の強いギャルママ全開だった

そんな自分とは真逆のギャップがある母親だが

女として昔から大好きで
そのエロい体を見るたびにチ○ポが反り起っていた!

そしてコウタは母親へ
エロいお願いをするいつものように…

『先宿題しろー!コロす!』

とヤンキー全開の叱責で一括する

怯えるコウタだが
それもまた彼にとって興奮材料のひとつでしかなった!

そう、、

何を隠そうコウタは’筋金入りのマザコン’なのだ

それでもフェラパイズリを懇願し
貪欲なエロの情念が燃え諦める姿勢は無い

’コウタはピュアに食い下がる’

やがてコウタにシビれを切らした母親は、

『ハァさっさと宿題しろよ…ったく…』

とコウタのビンビンチ○ポを握り咥える、、、
シコシコする…
ジュボジュボする…
テクニック上等のギャルママフェラだ!

快感に及ぶコウタに願ったりかなったりの
至福の時間がおとれる!
大好きなママにソレをヨダレドクドクに
存分にしゃぶってもらってるのだ!

そしてそこで止まるコウタではなかった
もっともっとスケベの奥へ奥へとエスカレートするのだった

ギャルママも母親として
仕方ない…と半ば同情しながら
びちょびちょのオ○ンコ挿入へとエッチを進展させる

足を開きズブブっとねじ込む母親、、、
ギシッギシッ
パンパンッ
とギアを上げていく!

女手一つで育て
片親のコウタを思うと
ギャルママでありながらも
同情が走るのだった…

腰に勢いが乗る!

『んあああああッ!母さんキモチイイよ~!!』

コウタもまた
ビキニの日焼けがまぶしいケツ肉を眺め
パンッパンッと打ちつかせ
騎乗位でコウタのチ○ポをにゅるにゅるズボズボと刺激される!

エロすぎる光景にたまらず覆い母親へ覆いかぶさり
正常位で激ピストンを繰り出すコウタだった!

何度も何度も母親の熟れたオ○ンコへ
びんびんチ○ポを根元までねじ込み
ドスケベの摩擦に絶頂する

『あっあぁん!中に出すなよコウタ~!』

我慢の限界だったコウタは
ギャルママの言うことなど入ってこない
続けざまに激しくピストン続行!
そして禁じ手の中出しを遂行してしまう

大量のヌメヌメドロドロ精子を
ギャルママのオ○ンコへ注ぎ込む…

はぁはぁはぁ…

そして今日もまた
母親ギャルママとの中出し生ハメ日常セックスがはじまる―。

基本21p、差分総数63p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

母エロ漫画 オヤジの再婚相手は実は超絶ドスケベおばさんでそのまま筆おろしされました

素朴な童貞男子が美人でエロい父親の再婚相手と生活する事になりとある事がキッカケでエッチをしてしまうお話です

■あらすじ

年頃の童貞男子『ソウタ』は家族を囲む食卓で
いまひとつ恥ずかしそうにしていた

それは父親の再婚が決まり
その相手『チナツ』と同居しはじめたばかりだからだ

仲良くするんだぞと冗談も含みながら紹介する父、
そして困った事があったら何でも言ってねと
声をかけるチナツであった

しかしソウタはバツが悪そうにモジモジするのには
本当の理由があった

それは
チナツが美人で巨乳でとんでもなくエロい雰囲気を漂わせているからだ!

エロい事で頭がいっぱいの時期であるソウタにとって
それは母親などにめるはずもない

ただ’超ド級のエロい女が家にやってきた’だけなのだ!

そして夜な夜なチナツを想像しては
オナニーに精を出す毎日だった

しかしそれは起こってしまった!

『ソウタくんコレ見てー』

『ああッ!ちょっと…!!!』

オナニー中に突如チナツが部屋の中に入ってきたのだった
ソウタのパンツに精液が付いていてそれの質問だった

すべてがバレてしまったソウタは
体が熱くなるほどに恥と混乱が全身をかけめぐり
そのパンツを即座に取り
謝りながら洗いに向かった、、、

しかしその時さらなる予期しないことが起こった

いきなりチナツが近寄り
ソウタのイチモツを握りさすったのだった

突然の行動に驚くソウタ
何をしているのか訳がわからず
ただ固まるだけだった

『知ってるのよ』

『毎日一人エッチしてるの…』

『っ…!!』

なんとソウタが夜な夜なヤっている行為は
とっくにバレていたのだった…!!

『困った事があったら何でも言ってって言ったじゃない』

『溜まって溜まって辛いわよね…』

『んああああッ!!ちっチナツさんっ!何やってんですか~っ…!!』

なんとチナツはソウタのチ○ポを取り出し
シコシコレロレロじゅぽじゅぽと
フェラを繰り出したのだった!

輪をかけるように頭が混乱したソウタだが
そんな思考の中に
あのエロくて素敵なチナツさんに
トンデモナくエロい事をされていると
自覚する瞬間もあった!

『ソウタくんはじめて…?』

『イヤなら別に止めてもいいけど』

ソウタはチナツが母親として
助けてくれるというエロ行為に
即座に理解した

それはソウタの中に眠るドスケベ根性と
オスの本能であった

’これはオレがオトナになるターン’だと!

ソウタはそのスイッチが音を鳴るように入り
チナツの股を開きパンツを脇にズラし
思いっきりむしゃぶりついた

初めてのク○ニだった!
ビデオで見たままのチュパチュパベロベロを
めいっぱいした

『あぁんソウタくんすごいっ』

『チナツさぁぁんっ!』

ここから二人のセックスのはじまりだ…!

そしてズブズブと
チナツのオ○ンコにソウタのチ○ポがねじり入る

’筆おろし完了だ’

初めて感じる女のカラダやオ○ンコの感触にソウタは
最高の感動と最高の興奮につつまれた!

そして美人のチナツとの初セックスに
幸福ですべてが満たされたのだった

そしてパイズリや
正常位騎乗位バックと
エッチ展開をヤりまくり
ソウタはまもなく絶頂を迎える、、、

『チナツさんいくぅぅぅッ!!』

『ソウタくん中はダメぇぇぇ…!!』

あまりの気持ちよすぎる
じゅくじゅくに熟れたチナツのオ○ンコに
外に出す間もなかった

そう
ソウタはチナツの膣内に
大量の精液を注ぎ込んだのだった

『もう…』

そうして二人は一線を超えた、、、

しかし’困った事があったら何でも言ってね’という言葉に甘え
ソウタはさっそく翌日からチナツにエロっていくのであった…

それは母親としてではなく
一人の女としてだ

ソウタは完璧にチナツのことを好きになっていた
抜けられない恋に夢中だった…

そして二人は特別な親子として
毎日パコりまくり
肉体の世界へ落ちていく―。

基本23p、差分総数69p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。