CATEGORY シロイルカ

母エロ漫画 【FEMDOMディストピア】マゾ搾精牧場Mヤプーズ【事務的マゾ】

いわゆる「ドM向け作品」などとは異なり、女が男よりも上位であるのは当然のことで、女性が男性をイジメることに興奮することのない世界。それが究極のFEMDOMディストピア「マゾ搾精牧場Mヤプーズ」!!!

「それは近い未来、ありえるかも知れないFEMDOMディストピア」

【FEMDOMディストピアとは】

FEM(女性)によるDOM(支配・統治)が当たり前の世界を描いた作品のこと。

いわゆるドM向け作品などとは一切異なり、Sの女性がMの男性をイジメることに興奮したり、
主人公のことが「好き」だからというような余計な感情を見せたりすることなどは基本的にない。

なぜなら、FEMDOMディストピアの世界では女性が男性よりも上位であるのは自明のこと、
いわば前提条件であり、女性が男性を物扱いするのはあまりにも当然なことだからである。

本作においても男性は女性のいわば「養分」であり、精液を吐き出すだけの家畜として扱われている。

●こだわりポイント

・目をつむればそこはまるで牧場。リアルなフォーリーサウンドによる家畜体験シミュレーション!!!

・右から左から目まぐるしく語り掛け耳舐めしてくるフリーキーなダブルボイス!

・タイミングばっちりでちゃんとイケる親切な射精カウントダウン!

・そして搾精機の出す低周波数サウンドは聞いているだけで迷走神経に訴えかけ射精の快感が倍増するサウンドドラッグ!!

●イントロダクション

もしかしたらどこかに本当にあるかもしれない、近い未来。
あるいは地球とよく似た星の、どこかの平凡な日常。
ここでは、男性よりも女性のほうが圧倒的に優位な存在でした。
無能で無益な争いしか生まない性別「オス」は、そのタンパク質豊富な子種――
つまり「精子」を、文明や文化の発展のために有効活用されるためだけの存在でしかありません。
とりわけ新鮮で質の良い精子は、女性の美容、健康を維持するための高級サプリメントとして注目を集めていました。
男性の精子の質は、もちろん千差万別。
その中でも一回の射精による精液が4億匹以上の男性は「優等遺伝子検体」と認められ、一生人権をはく奪され、政府公営の牧場で家畜「ヤプー」として飼育されることになることとなるのです。

そして、今日はその検査の日。
あなたは、この日を境に自分の運命が180度変わることになるだろうとは、夢にも思わないまま、病院の待合室の列に並ぶのでした……

本作品のテーマは、いわばマゾ願望の究極の形ともいえる「人権廃棄」です。
「優等遺伝子検体」として認定されてしまったあなたは、自分の意志などまったく考慮されることはなく、その日のうちに強●的に「ヤプーズ牧場」に送られます。
そこで待っていたのは、良質な精子を搾取するべく行わる、ありとあらゆる快楽を用いた強●搾精の日々。

職員さんはみんな美人で、あなたに「家畜」として愛着を持ち、時には優しく、時には事務的に、そして時にはイタズラ半分で、その身体を使って……あなたの精子を毎日せっせと搾ってくれます。
一見すると天国のような、永遠の怠惰と快楽に満ちた人生。
しかし、その果てに待ち受けているのは……?

臨場感満載のフォーリーサウンド。
牧場での、「家畜」として育まれる、女性職員との心とカラダの交流。
自分の意志では決して止まることのない、無慈悲な機械姦の連続……

ありえなさそうで、いつか本当に来るかもしれない、一度ハマってしまったらもう抜け出すことはできない、禁断の快楽体験をご堪能あれ!!

●作品内容

【1】「陽性ですね」~終わりは突然に~[12:13]

「立てますか~?
そろそろ結果出ますよ~。」

「はい検査結果でます~~。」

「あ~……これ……」

「陽性だな……」

「ごめんなさい1372番さん、検査結果なんですけど……
陽性出ちゃいました。タマタマ大きいですもんね~」

今日は病院にて、ある年齢に達した男性全員に課せられる「精子検査」の日。
普段からモノのような扱いをされることに慣れた男性たちは、うつろな目で待合室の列に並びます。あなたももちろんそんな中の、平凡な一人でした。
こちらの羞恥心や尊厳など完全に無視され、めんどくさそうな態度の女医の事務的な手コキによってあっけなく射精させられてしまいます。
こんなことをしたところで、変わるはずのない日常。
ところが、検査の結果はなんと……?

【2】搾精牧場での暮らし~1日目~[16:36]

「うんうん、おっきくなってきたね。
大丈夫だよ、そのままおちんちんに集中しててね~」

「歩きながらでもこんだけ勃つんだ。
すごいじゃん」

「いやこの子、実際すごいですよ。
タマの大きさもですけど……うん。
これならAランク間違いなさそうです」

「今度はいつまでもつかな~」

「またそういうこと言う」

検査の結果、「優等遺伝子検体」として認定され、政府公営の「ヤプーズ牧場」へ送られたあなた。
とっても美人な飼育長と、可愛らしい職員「リサ」に快く迎え入れられます。
思っていたよりもずっとフランクで穏やかな説明を受け、牧場に一歩踏み入れるや否や、さっそく、「家畜」としての快楽の洗礼を受けることに……
「私も頑張るから、これから一緒にいっぱい精子搾ろうね?」
こうして、人権を永遠にはく奪された、新たな生活がスタートするのでした。

【3】搾精牧場での暮らし~3日目~[22:57]

「そろそろ君も、ここに慣れてきた頃だから……
搾精量、増やそうかなって。」

「今日はこのコップがいっぱいになるまで
たくさんびゅっびゅしようね?」

「……え?さすがにそんなには出ない?
ふふっ……くすくす……」

「あっ…ごめん……
なんか笑っちゃった。」

「普通に意見してくるもんだから……
まあ、しんどいのは分かるけどね?」

「でも大丈夫、出るか出ないかを決めるのは君じゃないから。
絶対出すの、無理にでもね」

ヤプーズの生活は、基本的に自由気ままです。
栄養たっぷりの美味しいものを食べて、適度な運動をして、とっても気持ちイイ思いをして女の子に精子を搾ってもらえる、まさに夢のような日々。
ですが、あくまであなたはここでは「家畜」。もちろん「人権」などありません。
リサはいつもと同じ笑顔で、ちょっとエッチな仕草であなたのおち●ちんをしごいて、今日も一生懸命搾精してくれます。
そして機械を使って、さらに気持ちイイことまでしてくれます。
……あなたがどんなに弱音を吐こうとも、たとえ脳みそがぶっ壊れても。
延々と、「今日のノルマ」をこなすまで。

【4】BonusTrack.廃棄処分~悲しき運命~[9:40]

「ほら、もう出た……量も濃さも申し分ない。」

「よかったね……いっぱいびゅっびゅできてよかったね……」

「搾精機のロックはちゃんとしてあるよね?」

「はい……絶対外れないようにしてあります……」

「うん……万が一暴れられたりしたら困るからね。
徹底的に無力化しておかないと……」

×××、×××××××、×××××××××××。
××、×××××××××、××××××××××××××。
××××、×××××××××××××。
(政府による検閲の結果、削除してあります。結末は本編にてお楽しみください)

[総時間:61分]

●ヒロイン紹介

◇メインヒロイン

〇ヤプーズ飼育員 リサ
年齢:20歳
身長:157cm
おっぱい:Gカップ

主人公の飼育を担当することになった、「ヤプーズ牧場」の職員の女の子。
優しく甘やかしてくれそうな、母性と包容力と慈愛に満ちた性格の持ち主。
仕事に熱心で、誇りを持っている。
「ヤプーズ牧場」に入りたてで間もないあなたの世話を一生懸命してくれる。
しかしその愛情は、あくまで自分が職場で担当する「家畜」に対してのものである。
相手(対象)にすぐ愛着を持ってしまう(そしてすぐエッチな気分になってしまう)、職員としてはまだまだ半人前。

◇サブヒロイン

〇「ヤプーズ牧場」飼育長
年齢:25歳
身長:163cm
おっぱい:Hカップ

若くして「ヤプーズ牧場」の管理職を務める女性。
生物学者としてもエリート。
ざっくばらんで気さくな性格だが、リサとは違い、プロ意識は徹底しており、家畜にそれ以上の感情を持つことはない。
部下への面倒見はいい。

〇精子検査医
年齢:27歳
身長:160cm
おっぱい:Fカップ

あなたの精子検査を担当する、国営病院の女医。
男性のことを文字どおり「なんとも」思っていない。
仕事ぶりは非常に優秀かつプロフェッショナル。
自分の担当から「優等遺伝子検体」が出ることを密かに喜ばしく思っている。

〇ナース
年齢:22歳
身長:155cm
おっぱい:Gカップ

どこにでもいる、まだまだ新米のナース。
男性が無力に射精させられる瞬間がとっても好きなのが高じてこの職業に就くことに。
高級精子を使った美容食品にハマっている。

●仕様

・ダミーヘッドマイクによるハイレゾ/バイノーラル録音です(96kHz/24bit)。
・mp3版同梱。
・パッケージイラスト同梱。

●クレジット

CV:秋野かえで
イラスト:白井るかちゃん
企画:シロイルカ

母エロ漫画 脳イキ・ソルフェジオ528〜奇跡のエンドルフィン分泌と脳イキ体験!〜

それは「神様」を感じられる音の世界――もはや射精すら陳腐に感じる、この身体が知っている、全身の毛穴から会館物質の汗が噴き出すような快感。「ソルフェジオ周波数」が引き起こす、奇跡のようなエンドルフィン分泌「脳イキ」快楽体験。

●イントロダクション

[究極の射精のためのソルフェジオ音階~快感のネクストステージへ~]

本作は、人の身体に極上の心地よさと快感をもたらすといわれる「ソルフェジオ周波数」を徹底フィーチャーした作品です。
ソルフェジオ音階──それは教会音楽にも用いられていた「天国」をも連想させる、いわば「奇跡」の快感周波数。
本作では、各トラックであなたに性的快感を引き起こすソルフェジオ周波数を一定に保ち、
それらを段階的に引き上げることで、より身体科学的――もはやそれは本能的とも呼べるレベルでの性感開発を促していきます。
究極の脳内快楽領域にあなたを導くため、緻密に計算されたサウンドドラッグ。
その中で、優しく誘うように脳天に響いてくる言葉と声。

おそらく人が生まれる前に、母親の胎内で包まれていた安心感。
そして、人がその一生を終えるときに味わうであろう、脳内麻薬がもたらす最後にして究極の快楽。
それらを生きながらにして体験できる、もはや通常の射精の快楽など比べるまでもないまさにヘヴンリーな射精体験―――
それが「脳イキソルフェジオ528」なのです。

●本作を聞くとどうなるの?

敏感な方ならサンプルを聞いているだけでも気づくと思いますが、
何か下腹部からこみあげてくるような感覚があるのではないでしょうか?
それがあなたの本来持つ性エネルギーです。
本作はそのエネルギーを、周波数を上げていくのと同時に胸の方向に少しずつ持ち上げ、
全身に行き届かせます。
するとどうなるでしょう?
本来ペニスだけでしか感じることのできなかったオーガズムを、全身で感じ取ることができるようになるのです…!

それはまさに今まで感じたことのない、多幸感あふれる脳汁快感体験。
あなたはいつの間にか胎児のようにシーツの上で背骨を丸めながら、全身の毛穴から快楽物質があふれ出すような
快感の波に打ちひしがれる、神秘射精体験をしていることでしょう。

●聞き方

・よくリラックスしてシーツの上にあおむけになり、イヤホンを着用してお聞きください。
・作品内のナビゲーターの指示にはなるべく素直な心で従うようにしてください。
・射精しそうになったときにはなるべく手を放し、発射の瞬間を遅らせれば遅らせるほど脳内物質の分泌は増進されます。
・アイマスク着用を推奨します。あるいは部屋を真っ暗にしてお聞きください。
・視聴開始前には1分間の深呼吸、そして白湯を1杯飲むとより深く効果を感じられます。

●本作のこだわりポイント

【ソルフェジオ音階とは】

ソルフェジオ周波数とは、2011年に出版された、レオナルド・G・ホロウィッツの
『The Book of 528: Prosperity Key of LOVE』によって広く知られるようになった古代の音階で、
グレゴリオ聖歌などもこの音階で作られていたようです。
この周波数で作られている音階は、松果体の働きを活性化させ、快楽物質ホルモン──
いわゆる「脳汁」──の分泌を促すと言われています。

【なぜ特定の周波数による和音が「快楽物質ホルモン」の分泌を引き起こすの?】

様々な理由が考えられていますが、もっとも重要なものをざっくばらんに説明すると、
「現代のポップソングのほとんどが、数学的に正確と言える、純粋な和音では作られていないから」です。
例えば。少し音楽に詳しい人ならば、音楽の「ハーモニー」というのは、ある音の波長の長さの、
ちょうど1/2、あるいは1/3、1/4…といった長さの音たちによって構成された和音のことだと考えることでしょう。

しかし、もっと専門的な人ならばご存知かと思いますが、正確にはそうではないのです。
こうした数学的に正確な、純粋な和音のことを音楽の世界では「純正律」と専門用語で呼びます。

しかし「純正律」には、音同士の間隔が一定でないため、とくに現代の複雑な楽曲では、
作曲や合奏──特に転調や移調──をする際に、かなり運用が難しくなってしまうという欠点があるのです。
それゆえ17世紀中葉にフランスの神学者、マラン・メルセンヌが提唱したのが「平均律」です。

「平均律」は1オクターブを単純に12等分しただけの音階ですので、合奏時に混乱は起こりません。

「平均律」は非常に便利なため、現代ではほとんどの楽曲に採用されるようになりました。

こうして「純正律」で作られた音楽は、一般社会から姿を消してしまったのです。
しかし人の耳は非常に敏感で繊細です。
喫茶店やテレビから流れるBGM、普段は無意識で聞き流しているつもりでも、
実はそれが本当に調和している「純正律」のハーモニーではないことに毎日少しずつストレスを感じています。
そんなストレスに毎日さらされている現代人が、突然純正律の「ソルフェジオ周波数」で作られた
ハーモニーの洪水を聞かされるとどうなるか…

想像がつきますよね?

●作品内容

【1】現在進行形の奇跡-528Hz-(導入)[16:24]

まずは導入です。こちらのトラックは、本編に入る前の滑走路のような役割を果たします。
ナビゲーターはあなたの脳内に直接語り掛けるように、その心の扉を開いていきます。
現代の社会にあふれる雑多な「音」とは一線を画す、頭の中を整理し、秩序をもたらすサウンドをまずは味わいましょう。

【2】快楽への序曲-174Hz-(全身性感開発・感覚の同期)[10:08]

こちらのトラックから、実際に「行為」が始まります。
ナビゲーターの少女との、心身の同期を促す周波数。
彼女の感覚が自分の感覚となり、精神世界は脳内で具現化され、何もかもが足りて、
満ちているような感覚の先に、魂が「一段階上のステージに昇っていく」ような多幸感があなたを包み込みます。

【3】加速する怠惰な興奮-285Hz-(一定速度による摩擦刺激)[8:35]

より性的、本能的な快楽世界へと加速していくトラックになります。
周波数は再び上がりはじめ、少女との感覚の同期によってじゅうぶんに開発された全身の性感をさらに促進していきます。
延々と、一定のスピードでの刺激を与え続けることにより、脳内麻薬の分泌が加速度的に上昇します。

【4】解放される世界-396Hz-(脳イキ射精・昇天)[8:57]

「解放」―――すなわち「射精」・および「脳イキ」のトラックです。
身体のうちに極限まで溜めた、快楽のエネルギーが、ソルフェジオサウンドドラッグの効果により全て放たれます。
文字通り「天」に昇るような体験。
脳、性器、そして「魂」でイク感覚をご堪能ください。

【5】小さな死、そして-417Hz-[8:41]

※長時間、ソルフェジオ周波数を浴びた身体は一種の催●状態になっています。
些細なことでも「脳イキ」してしまう身体のままでは、日常生活に支障をきたします。
本編終了後は、こちらのトラックを聴いてクールダウンすることをオススメします。

【合計:52分】

●ヒロイン紹介

あなた深層心理に入り込み、「究極の自己同一化」を経て、「脳イキ」の世界へと導く存在。
落ち着いた声色。どこか投げやりで、虚無的で、無関心な口調。
そして支離滅裂なはずなのに、耳を傾けてしまう、散りばめられる言葉の数々。
だがそのすべてはあなたを「神の音の世界」へ包み込むためである。

●仕様
・ダミーヘッドマイクによるハイレゾ/バイノーラル録音です(96kHz/24bit)。
・パッケージイラスト同梱。

●クレジット
CV:秋野かえで
イラスト:白井るかちゃん
企画:シロイルカ