CATEGORY まんだら大王

母エロ漫画 ゴーストママのねっとり粘着エッチ

幽霊が見える素朴な男子が過去に死んでしまったママと出会いひょんな事からエロい展開になりドスケベエッチをしてしまうお話です

■あらすじ

お墓参りに来ていた家族の中に
手を合わせひょうひょうとした表情で
墓石に祈る素朴な男子『リョウタ』がいた

母親が死んで数週間経ち
まだ悲しさも溶けてないほどだが
リョウタにその面持ちはなかった

ドドンッ!!

『まだまだ勉強が足りない~』

『はぁ…』

なんと隣から幽霊のママが話しかけている!

そう
リョウタは生まれつき霊感があり
ガッツリとママが見えるのだ!

さらに我が息子の成長を案ずるがゆえ
よく背後に現れ
ビッタリと背後霊として存在している

まるで一緒に生活している母親そのものなのだ

それゆれリョウタにとって
母親が死んでいる感覚など1ミリもなかった

そんな日常の中、
ある起こるべくして起こってしまった
事件があった!

なんとリョウタの夜のお楽しみである
’オ○ニー’を見られてしまったのだ!

’最悪…’

人生最大の恥をかいたリョウタは
もう出てこないでくれと強く懇願し
母親へはげしく思いをぶつけた!

しかし母親はあり得ない返しが繰り出された!

『溜まってるのね…ママに言えばいいのに~』

『んあああッ!!』

と服を脱ぎ始め
豊満な爆乳を露わにし
リョウタのチ○ポをシコシコと手コキを始めたのだ!

おどろくリョウタは頭の整理ができない
そして混乱した!
しかし親子でこんなことをするなんてと
我に返り全力で拒否する!

しかし母親は止まらない
なぜなら我が子が性欲で困っている状態を
放っておけないのだ

『ちょっ…!母さんなにやってんの!!』

母親はさらにエロい事を繰り出した
なんとリョウタにまたがり
騎乗位でリョウタのチ○ポを
ズボズボオ○ンコ挿入したのだ!

次から次へとドスケベが
エスカレートし速さについていけない
リョウタはただただ驚き焦り拒否していた!

同時に初めて味わうフェラオ○ンコの感触に快感の電気が
カラダを走っていた!

’なんだコレ!気持ちよ過ぎ!!’

’でも親子でこんな事ヤバくね!?’

と快楽と背徳のジレンマにさいなまれるリョウタだが

『リョウタも年頃だしねこういうの知っておかないと…』

『イヤなら止めとく?』

とエロスの継続か否かを揺さぶってくる母親の問いに
リョウタは考える時間はなかった
いやこの時オスの本能が芽生えていたのも事実だった
答えは決まっていた

リョウタは母親のカラダへむしゃぶりつき
そしてオッパイへむしゃぶりつき
オ○ンコへ激しく腰を振った!

’性欲が勝ったのだ!’

やがて母親も息子への
チ○ポのお手伝いから
徐々にメスとしての性欲があがり
二人は互いに官能的にセックスをし合う

それはまるで生身のオスとメスの交尾そのものだった!

やがてリョウタは母親のオ○ンコ内の摩擦に
快楽と興奮を堪能し最高潮を迎える

絶頂するリョウタは
禁断の母親のオ○ンコ内へ
全身全霊の精液放出を繰り出した、、、

当然こっぴどく怒られるリョウタだった…

しかし
二人はここから
ドスケベ親子のエロエロが覚醒し
禁断のゴースト親子ハメハメライフに身を投じ、

親子の発情が始まる―。

○基本22p
○差分全ページ66p
○PDF同梱

母エロ漫画 オヤジの再婚相手がドスケベ過ぎて童貞捨てる事になりました

童貞男子が美人で巨乳でエロい父親の再婚相手にオ○ニーがバレてからエロい展開になり結果エッチをしてしまうお話です

■あらすじ

ある日、とびっきりの美人が目の前に現れ
終始ドキドキが止まらない童貞男子の『ケンタ』は
興奮の毎日を送っていた―。

その美人とは父親の再婚相手『ナミエ』だ

清楚でカワイく巨乳でオマケに明るい性格と来た
魅力バツグンだ!

オトナの女性にワシ掴みにされたケンタは
毎夜ナミエを想像してはオナニーに精を出していた、、、

しかしある大事件が起きてしまった!

それはナミエにオナニーを見られてしまったのだ!

部屋に入るときはノックしてと動揺し
慌てふためくケンタだったが、
ナミエは驚く行動に出た

『私のこと想像してオナニーしてたでしょ?』

『…えっ!!』

あまりに想像し得ない答えに
ケンタはさらに動揺する…

『困ってることがあったら言ってねって言ったのに~』

『んあああッ!』

『ちょッ!ナミエさん何やってるんですかっあああッ!!』

なんとナミエはケンタのびんびんに反り起ったチ○ポを
ズボンの奥から取り出しシコシコジュポジュポと
ケンタを上目遣いでみつめフ○ラチオをしたのだった!

’一体何が起こってる!?’

夢にも思わない展開にケンタは
興奮と混乱に見舞われつつも
父親の再婚相手とはいえひとまず親子の仲だ

拒否をするはずだった…

しかしこの時、
最弱動物種のケンタの中に眠る
かすかなオスの本能にスイッチが入った!

『あぁん!ケンタくんそこ弱いのッ!』

ケンタは突如ナミエのオ○ンコを
両サイドにムニ~っと押し広げ
カラカラに喉が渇きスイカをすすりかじるがごとく
むしゃぶりついた…!

それは自分でも予期しない行動だった
知らぬ間に手が動いていたのだった!

それもそのはずケンタはナミエが家に来て以来ずっと
ナミエのことを脳内に再生していたのだった!

エロ目的で自慰行為をしていたとはいえ
彼女もいないモテない…
永遠に童貞かもしれない…
というウブなケンタにとってナミエは
ある種初恋の女性だったのだ

そしてそれが火山噴火したのだった!

私でよければオ○ンコ挿入する?
と問いかけるナミエに
ノーという答えは無い

ケンタはありったけの童貞好奇心を
ナミエにぶつけ
弾力MAXのおっぱい
むちむちピンクのお尻
じゅくじゅくチビチに締まったオ○ンコへ
バキバキの童貞チ○ポをズボズボする!

ナミエもまた母親として
性欲が止まらず溜まりに溜まり困っている
ケンタを見て解放してあげたい一心だった

やがて二人は親子の特殊交尾をつづける、、、

その次の日も
その次の日も…

『や~ん!中はダメぇぇぇッ!』

ケンタのナミエのオ○ンコへの
中出しは止まらない…

○基本20p
○差分全ページ60p
○PDF同梱

母エロ漫画 ママに甘えたらすぐにヤれるハッピーデイ

寂しがり屋の男子がママに甘えてスキンシップをしているうちエッチをしてしまうお話です

■あらすじ

晴天で心地よい晴れで真昼の最中
泣きじゃくりしきりにママの後を追いかける
寂しがり屋の男子がいた

名は『ユウタ』。

彼はとてもママの事が大好きなのだ
そのママが自分を離れていくからだった

『こらー家にいなさいってばー』

しかしママは家から数メートル先にある
ゴミ出しにいくだけだった

そんな距離であっても一時も離れたくない
ずっとママとくっついてたい
超絶甘えん坊のユウタだったのだ

しかし、

ユウタには大きな’趣味’があったのだ

それはママとのスキンシップだ

本当は四六時中ソレをしていたいユウタなのだ
言い出したら止まらない彼は
ゴミ出しに行くママの最中も
スキンシップをしたいのだ!

『ヤダもー!!』

ユウタは突如ママのオッパイを揉み
服を脱がし上げ
巨乳の生パイをモミモミちゅうちゅうしたのだ!

誰か見ているかもしれない
白昼堂々でだ

猛烈に拒否するママだったが
どことなく呆れ顔を見せ
どことなく覚悟を決めているような
様子にも見えた

『はぁ…この子ったら』

と突如ユウタのチ○ポを握り
手コキをし口でチュポチュポと
フェラをしたのだった!

『ママ~気持ちいい~!』

喜び一気に歓喜するユウタは
ママの匠なテクニックのフェラに
カラダをビクつかせ至福の反応をみせる

『ママもっともっとー!』

気持ちいい快感が全身をおおいつくし
さらなるドスケベを要求するユウタだった

『ちょっとやめなさいっ』

快楽の最高潮のなか
ユウタのドスケベは止まらず
ママのじゅくじゅくに熟れたオ○ンコへ
ユウタのウブなチ○ポをパコパコと挿入しまくるのだった!

少しの快楽がカラダに走るママ
そして親子でこんなことなんてしちゃいけないと
さいなまれる中
それでも仕方なくユウタの要求に
応えるママは’ある同情’によるものだった

それは離婚の果てに寂しい思いをさせている
ユウタへのいたわりであった…

『ママ~いくぅぅぅxッ!!』

『ユウタ!中はダメぇぇッ!』

やがてエクスタシーを迎え
快楽に昇天するユウタはめいっぱいの精液を
ママの膣内にドクドクと注ぎ込む…

そして2入の仲は
スキンシップなる特別な快感を分かち合い
毎日のようにドスケベスキンシップを繰り返す

まるで恋仲のように野性的なセックスを遂げていく―。

・基本24枚
・差分全ページ72枚
・PDF同梱