CATEGORY ほのぼの

母エロ漫画 海で出会った人妻と夏の思い出作り

夏も終わりにさしかかる頃、青年は海に来ていた。

学校で友達に容姿のことをからかわれ、見返すために彼女を作るためだった。

しかし、勇気のでない彼はなかなか声をかけることができず、
残暑の厳しい中ただぼんやりと海を眺めていた。

ところが次第に意識が朦朧とし始め、彼は気を失ってしまう。

気が付くと民家の中で彼は解放されていた。

助けてくれたのは、近所に住む人妻だった。

事の詳細を彼女に話すと人妻はある提案を●●に持ちかけてきて・・

カラー漫画18ページ
おまけ込み60ページ程

内容

ふでおろし
初体験
巨乳
母乳・授乳
フェラ
中出し
など。

母エロ漫画 アルバイトで家庭教師を始めた俺は、教え子の母親と肉体関係を持つようになった

現在、専門学校1回生の俺は、学校で美容関連の勉強に励む傍ら「家庭教師」のアルバイトをしている。

勉強を教えるのは俺にとって喜びになっているが、俺はこの家庭教師の仕事で、

勉強を教える喜びとは対極に位置するような‘だらしない喜び’を知ってしまった・・・・・。

家庭教師としてとある家庭にやってきた主人公に、

勉強を教える相手であるお子さんの母親が肉体関係を迫る。

「お母さん・・・・・・・本当に、いいんですか・・・・?」
「いいのよ、頑張って我が子を教えてくれたお礼よ、それに私も、あなたみたいな若い●●●とセックスしたかったから・・・・」

短編創作小説です。

それほど激しい性的描写はありません。ソフトエッチの作品です。

文字数は約3400字です。

母エロ漫画 デリバリーパスタのサイドメニューは配達員のお姉さんのエッチなカラダ

「こんばんはぁ!!ご注文のデリバリーパスタお届けにまいりました!」

玄関のドア越しに元気な女性の声。俺が注文した商品が到着したのだ。

だけど、俺が楽しみにしていたのは実はメインメニューのパスタではなくサイドメニュー・・・・。

デリバリーパスタ配達員のお姉さんが主人公にエッチなムチムチのカラダをお届け。

’部屋の隅っこのテーブルに、ドームカバーすら開けないで置きっぱなしになっているパスタは正直どうでもいい。
このおっぱいが欲しかったんだ!!’

「ムプチュゥ・・・・チュパチュパチュププッ!ジュブブブブブブ・・・・」

大きくて柔らかいおっぱいから次々と溢れ出る濃い母乳。

搾乳行為とクンニリングスを思う存分楽しむ主人公の様子を、主人公目線で書いています。

オリジナルの官能小説です。

文字数は4300字程度です。

母エロ漫画 何をしてもダメだった男が屋台をはじめ、成功した話

木田和男(きだかずお)は、3年前までろくな人生を歩んでこなかった。

だが3年前に屋台をしようと思い立ってたこ焼きの屋台をはじめてから、彼の人生は

大きく好転することになる。

自分自身で組み立てて作った完全にオリジナルの屋台。

木田はたこ焼きだけでなくラーメン屋台にも挑戦する。

●●頃に祖母から教わった絶品のたこ焼きとラーメンの作り方を覚えていたことが、

彼がたこ焼きとラーメンを屋台でやってみ

ようと思った一番の理由だ。

木田は、祖母に教わったその味を忠実に再現した・・・。

苦しい人生を歩んでいた孤独な男が屋台を始め、成功して自分の店を持てるようにな

るまでの話です。

画像付きの短編創作小説です。
画像は12枚です。
文字数は11500字程度です。

母エロ漫画 豆腐の夢

僕は豆腐ってあんまり好きじゃなかったんだ。
何せ歯ごたえがなくて、食べてるのか食べてないかよく分からないじゃないか。
冷や奴も好きじゃないし、特に嫌いなのが湯豆腐や鍋料理に入っている熱い豆腐。食べると中が火傷しそうなほど熱くて、それでいて歯ごたえはゼロ。別に味自体に文句があるわけではないけど、何だか・・・。どうしてみんなあんなものを好んで食べるのか、疑問で仕方ないんだ。
だけど母さんや父さんやばあちゃんは言うんだ。
「好き嫌いせずお豆腐も食べなさい」

そんな主人公が、ある日豆腐の夢を見る・・・・。

時には恐怖におびえる夢も。

三度の豆腐の夢を見て、主人公の豆腐への思いは・・・・・。

短編の創作小説です。
約3400字です。

母エロ漫画 うし娘お姉さんと色々しちゃう話

うし娘お姉さんの牧場に見学にきた●●●。

お姉さんのおっぱいの搾乳や授乳をするうちに才能を見出され、
種付体験もすることになる。

すること一覧
・うし娘おっぱいの搾乳。
・〃 を直吸い。
・おちんちんを使って搾乳のおさらい。
・母乳かけながら手コキ。
・うし娘お姉さんにバック種付け。
・〃 のおっぱいに埋まりながら正常位。

+おまけイラスト数点。