CATEGORY ぱ〜みっしょん

母エロ漫画 実験室から脱走した異形の触手神話生物に捕食されたり繁殖相手にさせられるお話

【『ソレ』が逃げたら終わり。】

「気を付けたまえよ あの化け物は生物から全身の体液を搾り取るようにして捕食するからね」

夏休みの自由研究で町はずれの研究所の見学に来ている少年、ソラ。

近未来的な内装、そして実験室—

そこには異界の裂け目から来た神話生物を封印していた。

触手の生えた女性、その神秘的な姿に心奪われる少年。

そして原因不明の事故は起こった。

突如として凶悪な神話生物の封印が解けてしまったのだ。

不運にも目の合った少年は気を失い…目を覚ますとそこには博士とオペレーターのお姉さんの変わり果てた姿があった。

その神話生物は獲物を触手で捕らえると酸で服を溶かし、全身のあらゆる体液、特に女性ならば母乳と愛液を重点的に搾る。

悪趣味なことにこの神話生物は捕食対象のあげる嬌声が大好物なのだ。

なお例え処女であってもこの神話生物の前では生娘のミルクをおっぱいから搾れる状態へと変化させられてしまう。

そうして捕食されてしまったスタッフ2名。

当然、次は少年の番である。

隙を突いて逃げ出す少年。

しかし、あっという間に触手に捕獲されてしまう。

命乞いをするも、その異形の化け物の口から発せられた言葉は人間では発声することが不可能な言語。

結局意思の疎通は図れず、今までの犠牲者のように酸で服を溶かされ、母乳を搾ろうとされる少年。

だが、ここで少年の股間にあるモノに気付く神話生物—

神話生物は不思議そうに身動き一つできない少年のオチン〇ンを弄ぶ。

そう、この生物にとって人間のオスとの遭遇は初だったのだ。

全てを理解し不気味な笑みを浮かべる神話生物。

メスの神話生物とオスの少年…することは一つ、交尾である。

これから起こる残酷な事実に気付く少年、嫌がって泣き叫ぼうにも触手が絡まり身動きができない。

果たして少年が助かる術はあるのか……それとも神話生物の女性器内に無様にも子種を放出させられてしまうのか。

【登場人物】

ソラ:今作の主人公である少年。父が研究所のスポンサーなため、特別に見学を許可された。童貞。

「やだぁあああ!! 化け物と赤ちゃんなんて作りたくないぃいいいい!!!」

神話生物:触手のある異形の化け物。異界と現界の裂け目から偶然侵入した。多大なる犠牲を払ったが現在は研究所にて封印中。触手で捕らえた獲物を体液を搾るようにして捕食する。オスを見たことがない。

「〇Φ§Жκ?」

博士:日々研究に没頭する天才。大抵の不可能なことは可能にする。ずっと研究漬けだったため男性経験なし。

「気に入ったかい? 私の先々代が捕獲した神話生物だ」

オペレーター:女性スタッフ。男性経験なし。

「博士…7番制御室のライトが点灯していますが」

果たして事故は人為的なものなのかそれとも—。

以下のような要素が好きな方がオススメです。

圧倒的強者の化け物になすすべなく嬌声をあげさせられる。
触手で拘束され全身の体液を搾られる。
女性は無理矢理におっぱいから新鮮なミルクを無様に搾られる。
処女のぴっちり閉じた女性器にあっさりと触手を侵入されてしまう無力感。
例え処女であっても特殊な粘液で強●的に快楽を与えられる屈辱感。
触手で緊縛、全身をまさぐられ、オモチャにされる。
男性であるのに母乳を搾れると勘違いされて胸を弄ばれる屈辱感。
無理矢理捕縛され膣内にオチン〇ンの先っちょから子種を放出したら世界が終わることを確定されてしまう背徳感。

表紙1ページ+本編31ページ

【制作】

作画:ざんどろ様

タイトルロゴデザイン:にんじん様

母エロ漫画 チート級勇者様が低級サキュバス達にレベルドレインされ公開処刑されちゃうお話

【チート勇者な●●が雑魚サキュバスに寄ってたかってオチン〇ンを搾り尽くされ、全国放送にて町娘達の前で公開処刑されちゃうお話】

「それでは勇者くんから人間のみなさんにご報告がありまーす♪」

父は伝説の剣聖、母は大魔道師という血筋から生まれたトマはまさに最強の勇者であった。

ありとあらゆる難解なクエストも単独でクリア。

そしてついには満を持して魔王城に単身で向かう—。

しかし勇者が町へ戻ってくることはなかった。

そして3週間後、サキュバス達による生配信が開始される。

なんと勇者は捕獲され既に3週間もの間、レベル1の雑魚サキュバス達により寄ってたかってオチン〇ンを可愛がられてしまっていたのだ。

無慈悲な搾精によりレベルを搾り尽くされ、恐怖により言いなりとなってしまった勇者。

後悔してももう遅い、これから自分を慕う町娘達の前で情けなく公開処刑されてしまうのだ–。

【登場人物】

勇者トマ:今作の主人公。レベル361のチート級の実力者。サキュバス達にオチン〇ンを徹底的に可愛がられてレベル1となってしまった。

「み、みなさん…ごめんなさい… ボクはサキュバス…様たちに負けました…」

サキュバス(ピンク):ピンク髪のテンションの高いサキュバス。

「それじゃ、勇者様の恥ずかしい動画を配信しちゃいまーす♪」

サキュバス(ゴールド):金髪のギャル系サキュバス。

「1人で3匹のサキュバスオマ〇コを味わえるなんてラッキーだね♪」

サキュバス(グリーン):暗緑髪のメンヘラ系サキュバス。

「勇者様の童貞…美味しかった」

以下のような要素が好きな方にオススメです。

複数のサキュバスに寄ってたかって犯●れる。
キンタマに詰まったレベルをドレインするためだけに順番で事務的にオチン〇ンをサキュバスオマ〇コで包まれる敗北感。
サキュバスに屈服し、強●的に一生消せない淫紋を付けられる。
屈辱の敗北宣言を公開生放送でさせられる。
罰ゲームと称して刻印された淫紋を町娘達の前で恥ずかしいポーズと共に晒される。
そして最後は生放送中に尻尾ドレインで—。

表紙1ページ+本編30ページ

【制作】

作画:トッポギ様

タイトルロゴデザイン:にんじん様

母エロ漫画 不良JK強●近親相姦

【お金持ちのお嬢様をいじめたら、復讐として近親子作りを強●された不良●●二人組のお話】

美雪と凛子はいわゆる不良●●である。

毎日陰キャ共をいじめ、カツアゲし、そのお金で毎日遊び惚けていた。

そんなある日、登校時に近親相姦ものの小説を読みふける同級生のお嬢様を発見する。

挨拶代わりに小説を取り上げ破り捨てる二人、そしてついでに財布の中身も巻き上げてしまう。

「許しませんわ…!あの二人には罰として、この本の代わりにオカズになって頂きます」

どんなに泣いて許しを乞いてももう遅い、哀れにもいじめる相手を間違ってしまった二人への罰、それは近親者と無理矢理生で合体させられ子作りすることであった。

【登場人物】

美雪:不良●●。喧嘩早く、すぐ暴力で解決する。弱い者いじめが大好き。弟(レイ)のことは小動物的に可愛がっている。

「てめえ!お嬢!こんなことして後でどうなるか…」

凛子:不良●●。美雪と一緒になって煽るタイプ。弱い者いじめ大好き。父親の洗濯物と一緒に洗わないでと毎日のように母親にキレている。

「ママぁ…助けてぇ…」

お嬢様:大金持ちのお嬢様。近親相姦ものが大好き。

「あらあら♪不良のくせにあなたまで処女だったんですの?これは傑作ですわ♪」

レイ:美雪の弟。お姉ちゃんのことが大好き。お嬢によって洗脳されてしまい、姉と子作りすることになる。

「はいぃ…オチン〇ンから射精していいのは大好きな人と赤ちゃん作る時だけです…」

凛子の父:事業に失敗し、多額の借金をお嬢の祖父からしている。一家全員始末されるか、自分の娘と子作りするかの二択を迫られ、泣く泣く引き受ける。なお交尾中の台詞はお嬢の台本通りである。

「生意気に父親のチ〇ポを締めやがって…」

お嬢様の会社が開発した【妊娠誘発剤】
これを注射された妊娠適齢期のメスは、絶対受け入れてはいけない近親者のオスの精液でも100%受精し妊娠してしまうのだ—。

以下のような要素が好きな方にオススメです。

無理矢理近親者と子作りさせるシチュ
不良●●を分からせて泣き叫ばせるシチュ
オネ●●●
泣きわめく親友が父親に種付けされる瞬間を見せつけられるシチュ

表紙1ページ+本編30ページ

【制作】

作画:トッポギ様

タイトルロゴ:にんじん様